脳を活性化させる効果

認知症は高齢者にとってかなり怖い病気なのですが、食事によって予防することが可能です。
いろいろな食品が認知症に効果があるとされているため、そのうちのいくつかを紹介しましょう。
まずはたくさんのDHAが含まれている魚であり、これを食べることによっていろいろな効果を期待できます。

認知症の予防だけではなくて、新陳代謝を活発にしたり、代謝を良くしたりする効果もあります。
マグロやうなぎ、ブリ、青い魚などに特にDHAがたくさん含まれているためおすすめです。
記憶力を強化したいときにおすすめの栄養素はレシチンであり大豆製品にたくさん含まれています。

レシチンは神経伝達物質を生み出すために重要な物質であり、これをきちんと摂取すれば脳内の情報伝達がスムーズに進みます。
大豆製品といえばみそや醤油などがありますが、これらを毎日きちんと取るようにしましょう。
日本人になじみのある食品というのは、認知症予防には最適な効果を発揮するのです。

納豆の中には上記のレシチンの他にビタミンKも含まれており、脳を活性化させる効果を持っています。
脳が衰えるのを防いでくれるため、認知症予防にはとてもおすすめなのです。
納豆は単にご飯にかけるだけではなくて、いろいろな料理に活用できるでしょう。

和食とカレーはおすすめ

上記で紹介したように、基本的に和食というのは認知症予防にとても良いのです。
毎日、和食のメニューを揃えるだけでも自然と認知症を防いで、いつまでも脳を若々しく保つことができるでしょう。
日本では認知症患者が増えているのですが、その理由として食の欧米化も影響しているとされています。

パンばかりを食べたり、肉料理を中心としたメニューばかりを食べていると、栄養が偏ってしまうのです。
きちんと野菜や魚にも注目して、他にも大豆や果物といった食品も摂取しましょう。
また、カレーライスは認知症予防に絶大な効果を発揮するとして注目されています。

なんとインドでは認知症の発症率が他の国よりもかなり少ないことが分かっていて、その原因がカレーだといわれているのです。
発症率は米国の四分の一となっており、これはカレーの効果を実証しているといえるでしょう。
カレーの中にはスパイスとしてウコンが含まれているのですが、この成分が認知症を予防してくれます。
定期的にカレーライスを食べる習慣をつくってみると良いでしょう。