ゲートボールを覚えよう

スポーツで元気

お年寄りの行うスポーツの代表格といえばやはりゲートボールでしょう。
ゲートボールというのは日本生まれのスポーツであり、お年寄りだけではなくて、すべての世代が楽しめるものです。
いつでも、どこでも、誰とでも熱中することができる点に特徴があります。

お年寄りのやるものとして定着してしまったために、ゲートボールが若者に普及するのを妨げているという問題がありますが、少子高齢化の時代において、競技人口は増加しています。
5人1組になって2チーム対抗で行うスポーツであり、アジア各国にも普及しています。
最近はリレーションと呼ばれる二人制や三人制の教義も生まれています。

1947年に北海道に住んでいた鈴木栄治という方がクロッケーをヒントにして生み出しました。
もともと子供が遊ぶためのスポーツとして考えられたのですが、高度成長のときに高齢者の間で爆発的に流行しました。
詳細なルールが決められているのですが、誰でも気軽に始められる点が特徴的です。

身体能力に左右されない点がとてもお年寄り向きであり、怪我をする心配はないでしょう。
近所の公園で気軽に行うことができて、複数で遊ぶスポーツのため、他者との交流を深めることもできます。
日本中にゲードボール愛好家の方がいて、それぞれが独自の楽しさを見出して熱中しています。
ゲートボールは意外と体を動かして、しかも頭を使うスポーツでもあるため、認知症予防には最適です。

ゲートボールの利点

ゲートボールにはお年寄りにとっていろいろな利点があるため、推奨されています。
立っている状態からボールを打つことになるのですが、これによって手足の筋肉を使うことができます。
これによって上手く筋肉を鍛えることができれば、寝たきり防止となるでしょう。

いろいろな仲間と集まって楽しむことができて、プレイ中に会話を楽しむこともできるでしょう。
良いプレイをした人に対して大声でほめてあげたり、みんなではしゃぐこともできます。
笑顔で楽しくプレイできるスポーツであり、競争心も生まれるでしょう。

男女が同じ空間の中でプレイできるスポーツでもあるため、場合によっては恋心を抱いてしまうこともあるかもしれません。
若いころにはなかった新しい青春の時間を過ごせる可能性のあるスポーツでもあるのです。
高齢者にとっては程よい負担となり、怪我をするようなことはほとんどないため、家族は安心してゲートボールをさせてあげることができるでしょう。

プレイできる環境はたくさんあり、たいていの公園では高齢者がゲートボールを楽しんでいる姿を見られるでしょう。
特に若いころゴルフが好きだったような方はゲートボールにはまることが多いです。