孤独死しないために

集まりに参加しておく

少子高齢化が続いている現代社会において近年問題となっているのは孤独死です。
これは一人だけで誰にも知られずにひっそりと死んでしまうことであり、一人暮らしの方や身寄りのない方に起きてしまいます。
家族で暮らしている方の場合は孤独死になってしまうことはありえないでしょう。

たとえ倒れたとしても、家族の誰かが食事の時間や遅くとも次の日の朝には発見するでしょう。
しかし、一人暮らしをしていて、しかも誰とも定期的に連絡を取っていない場合には、大変なことになります。
仕事をしているわけでもない場合、数週間死体が放置されてしまうこともあるのです。

孤独死というのは単に寂しいという問題だけではなく、むしろ死後の処理をきちんとしてもらうために重要なのです。
孤独死を避けるためには、定期的に誰かと会う約束をすることが大切でしょう。
何らかの集まりに参加するようにすれば、もしいつも参加しているところにあなたが現れないと、何か身におこったのではないかと心配してくれるでしょう。

そうすれば、あなたがたとえ一人だけで倒れてしまったて助けが呼べない時や亡くなってしまったときでもすぐに発見してもらえます。
信頼ができる人には合鍵を渡しておくのも良いでしょう。
特に最近は結婚をしない人が増えていて、一生独身のケースは珍しくありません。
このような方の中には孤独死になりやすい環境が整っている人も多いでしょう。

孤独死への対処法

孤独死に対処するための方法は他にもたくさんあるため、考えておきましょう。
もし賃貸物件で生活している場合、孤独死してしまうと大家さんに迷惑をかけてしまいます。
そこで、一人暮らしをしている高齢者の方は大家さんと定期的に連絡を取ることをおすすめします。

こうしておけば、万が一連絡がない場合には、本人に何かあったのだと伝わるでしょう。
最近は高齢者を見守るためのサービスもあり、これに契約をすれば、すぐに発見してもらえます。
生活状況を監視してもらったり、センサーによって動きを検知してもらったり、定期的にスタッフが電話をかけるのです。

牛乳配達や新聞配達の際に安否確認をしてもらうという方法も有効でしょう。
今後は一人暮らしの高齢者がますます増えることが予想されているため、誰もが孤独死と関わる時代となります。
今後は政府の方でも真剣に孤独死対策に取り組んでいくことが予想されるため、新しい行政サービスが登場する可能性もあります。

ボランティアの訪問員の方が自宅まで来てくれて、安否確認をしてくれるサービスもあります。
さまざまな方法があるため、孤独死の可能性が少しでもある場合にはきちんと対策をとっておきましょう。