国民年金基金って入っておくべき?

老後に不安を抱えていることが多い

日本には国民年金という制度があり、これによって老後の最低限の生活が保障されます。
ただし、厚生年金に加入している方と国民年金に加入している方とでは、最終的に受け取れる金額にかなりの差が生じます。
このような差があることについては是正するように求める声が強かったため、その結果として国民年金基金制度が誕生しました。

これによって、自営業者やフリーターなどの国民年金加入者は、さらに年金を上乗せできるようになったのです。
国民年金基金を利用することによって、将来は会社員の方と同じぐらいの年金を受け取れるようになるでしょう。
国民年金の第1号被保険者は最低限の年金しか受け取れないため、老後に不安を抱えていることが多いのです。

これからは平均寿命がさらに延びて、老後が長期化していくことが予想されているため、老後の備えはあるに越したことはないのです。
国民年金基金があることによって、ゆとりのある老後の生活設計を考えられるでしょう。
老後に必要となる生活費を考えてみると、とても国民年金だけで補うことは難しいのです。

そのため、国民年金基金の需要はかなり大きくて、実際に加入している方もたくさんいます。
掛け金については全額を所得控除することができるため、税金を得することが可能です。
少ない掛け金のプランから用意されているため、自分に都合の良いプランを選択できます。

国民年金基金は必要なのか?

国民年金基金に加入する必要があるのかどうか悩んでいる方はたくさんいます。
まず、これは自営業やフリーターの方のためのものであり、会社員や主婦は加入することができません。
一番のメリットとして、国民年金基金は確定給付となっているため、将来もらえるお金は確定しています。

ただし、将来的に制度が廃止されるようなことがあると、お金をもらえなくなるかもしれません。
また、低金利の状態が続いてしまうともらえるお金が減ってしまう可能性もあるため、確実に決まった額を受け取れるとは限らないのです。
運営状況がこれから万全な状態を維持してくれないと、不安は解消されないでしょう。

基本的に年金であるため契約年齢に達しないとお金を受け取ることはできません。
仮に途中で脱退したとしても、それまでの掛け金を返してもらうことは不可能です。
これから国民年金基金がきちんと運用されて、制度が継続していくと信じられるならば、加入することには一定のメリットがあるでしょう。

デメリットがあることをよく理解して制度の詳細を調べた上で加入を検討すると良いでしょう。
付加年金や個人型確定拠出年金、小規模企業共済といった制度も存在しているためチェックしましょう。